トップページ

 ようこそ、「共通聖典研究室」へ。

 私は昭和49年に、「地球は元一つ 世界は元一つ 人類は元一つ 万教の元又一つ」という師の陽光文明(霊主文明)構想*1を知りました。その言葉に深く感銘を受けまして、15年ほど前から「万教は元一つ」ならば「万教に共通する教えこそが真理」と仮設しました。それからはコツコツと主に聖典を読み始めまして、新約聖書、法華経、大本神諭、天理教おふでさき、原始仏典(スッタニパータ、ディーガニカーヤ、他)、コーラン、旧約聖書、旧約聖書続篇、死海文書(エッセネ派文献群)、ナグハマディ文書(トマスの福音書、マリアの福音書、他)、霊界物語、伊都能売神諭、大智度論、日月神示などです。

 それらの宗教宗派の根底に共通して流れる教えは、神(仏、宇宙意思、光の存在)が下さった大切な根本的メッセージ(神示、啓示、おふでさき)だと仮設して、調べた内容を伝えシェアする広場をこの度ネット上に開設した次第です。

 私の志は、全ての人々を幸せにするために、あらゆる真理を探求し伝えることで物心ともに豊かな地上天国を建設することです。 合掌

*1 参考:「神の大経綸 二十一聖紀霊文明のヴィジョン」岡田晃弥、L・H陽光出版、P185-186

新着情報

投稿記事がありません。